PADI スクーバ・ダイバー・コースとPADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースで使用する教材

当店のCカード取得コースで使用している教材を紹介します。

 
マニュアル
スキルを学ぶ理由やダイビングの基礎知識を、写真や図解を基に理論的に紹介しています。
水中での圧力や浮力の変化がダイバーに与える影響や、自然界を舞台とするダイビングの一般的な環境、そして器材の情報やどのようなスキルを練習するのか等を事前に学ぶことで、スキル練習の不安をなくし、なぜ様々なスキルと知識を身に付けなければならないかが容易に理解できるようになっています。
各セクション毎にある学習目標は、そのセクションで覚えるべき課題を明確にし、練習問題と知識の復習問題で、何処まで学習できたかをご自分で客観的に評価することができます。
並行して使用するDVDには、マニュアルに相当する情報が動画に盛込まれていますので、活字を読むのがあまり好きでないという方には、まずDVDを見て、DVDで得た知識を基にマニュアル内の練習問題と知識の復習問題を解いてみるという方法もあり、万一答えを見出せなかった場合には、マニュアルの該当ページを確認するだけで、確実に答えを引き出すことができるよう設計されています。
これは、確実な習得を実現するため、教育心理学者が専門に開発した学習スタイルで、ダイビング教育専門機関であるPADIならではの教育スタイルとなっています。
また、自分のマニュアルに、講習中に入手した情報を直接書き込むことで、オリジナルの参考書に仕上げることが可能となり、講習終了後にも次のダイビングまで間が空いてしまったときや、自分自身の記憶に自信を持ちたい時などにも、知りたい情報を好きな場所でいつでも再確認することを可能にしてくれます。
だからこそ、PADIオープン・ウォーター・ダイバー・マニュアルはお一人一冊の必需品です。
 
DVD
コースで身に付ける一連の動作スキルの全てを動画で紹介しています。
自宅などDVDを観る事ができる場所で、ご自分のペースで事前にスキルの手順を確認して、体を動かしながらシュミレーションしておけば、実際の水中でもスムーズにスキルの練習を進めることができます。
また、DVDならではのアニメーション図解により、知識面での理解をさらに明確にし、理解をさらに深めることができます。
例えば、マニュアルを読み終えた後に、再度同じ情報をDVDで確認することで、イメージが整理され更に明確になり、必要な情報が確実に記憶に刻まれ、それが知識へと進化するのです。
また、マニュアル同様に、次のダイビングまで間が空いてしまったときなどは、動画でスキル実施時の動きや手順を確認していただくことで、より安心してダイビングをお楽しみいただけます。また、日頃継続的にダイビングを実施している方でも、特に普段は実施する機会がない緊急時に必要となるスキル、例えばエアー切れの対処手順などは、定期的に再確認するよう習慣付けるとすることが、安全性を高める上でとても重要です。
MyDVDを定期的に見ることでダイビングの安全性が更に高まります。
 
スキル練習
スレート
PADIオープン・ウォーター・ダイバー・コースで、ダイバーとして必要なスキルが満足にできたかどうかを、水中でもその都度自分自身でチェックできるスレートです。
コースのスキル練習時に、もし「もっと練習が必要」と感じた場合は、チェック欄にチェックを入れることで、担当するインストラクターは、マスター(体得)できるまで指導します。
全てのスキルを確実にマスターすることが、ダイビングの安全の基礎となります。
また、このスキル練習スレートに記載されたスキル一覧は、ダイバーが安全に水中を楽しむために必要不可欠なスキルをリストアップしています。
そのため、講習終了後も定期的にこのスレートに記載されたスキルを練習し、錆付かせないことが、安全なダイビングを継続させる秘訣となります。
裏面は、「ダイブ・プランニング・スレート」になっており、オープン・ウォーター・ダイバー・コースの海洋実習で、このスレートに沿ってダイビングプランを立てる練習をします。
例えば、ダイビング前のチェックリスト(ダイビングの目的 、コンディションの評価 ? 経験、ポイントの見所、危険性と対策他)や、引き返す時点で空気の残量はどの程度必要かの計画表及び計算式、深度や時間の予定等々、ダイビングをするときには必ず実行しなければいけない手順が記載されていることから、講習後もこの「ダイブ・プランニング・スレート」は、ダイバーの必需品になること間違いありません
 

トレーニングレコード
&カバー
興味を持ったコースで、必須となるスキルや練習項目を事前に確認でき、漏れなく習得するためのチェックリストとなる上、ダイバーとしての能力を客観的に示せるのが、PADIコースのトレーニングレコードです。今受講しているコースの進捗状況も、将来どんなコースに参加するかも、このトレーニングレコードで客観的に確認することができます。
また、このトレーニングレコードの後半はログブックとなっています。ログブックとは、そのダイバーの経験を記録するためのダイビング日誌です。では、なぜ経験を記録する必要性があるのでしょうか?
理由その一、次のダイビングでツアーに参加したいと思った時、現地で担当するガイドは、それまでの経験を、どの様なポイントで、どんな経験をしたのか、例えば、最大の深度はどの位か?水底の形状はどんな場所だったか?何回くらいダイビングを経験しているのか?などを参考にして、技量と経験を判断した上で、ガイドするプランを決定します。また、ダイバー自身が経験を明確に伝えることで、リスクを回避することが可能となります。
理由その二は、ダイバー自身が、一度経験したポイントの情報は、その後同じ場所で楽しもうとしたときに、とても重要な情報を与えてくれます。
例えば、その場所で使用した装備(保護スーツ、シリンダ(スクーバタンク)の種類や大きさ、ウエイト量と装着位置)はどの様に何を使ったのか?どんな生物が、何処で観察できたのか?水中での移動距離や、方向はどのように決定するか?深度の幅はどのくらいだったか?など、楽しみのためにも安全のためにも、重要な判断材料になるのは言うまでもありません。
理由その三は、将来ダイバーとしてのランクアップを望んだ場合、担当するインストラクターは、経験を基に提供するべき情報を整理します。また、ある程度経験がないと参加できないコースもあります。
担当するインストラクターにとって、ログブックの記録は、コースを組み立てる上でとても重要アイテムなのです。
また、ログには必ず記録に残すべき項目がありますが、PADIが提供するPADI専用ログブックは、必須となる情報を全て網羅してくれます。
 
RDPテーブル&説明書
 俗に言う「潜水病」は、ダイバーの世界では「減圧症」と呼ばれ、潜る深度と時間によって罹病率が大幅に変わります。逆に言えば、潜る深度と時間を意識的にコントロールし、一定のルールに従えば、減圧症は予防することが可能なのです。
この予防を計画的に行なうことを目的に開発されたのが、PADIリクリエーション・ダイブ・プラナー(以下RDP)です。昔は軍隊が作業や作戦のために開発した潜水表しかなく、レジャーダイバーは、これを代用していましたが、PADIはこの潜水表を独自に開発し、レジャーダイバー専用の潜水表を世に出しました。
PADI RDPはテーブルタイプと、電子版のeRDPの2種があり、どちらもその目的は同じですが、テーブルタイプは計算尺のように扱い、若干の計算が必要となる反面、絶対に故障するリスクはありませんし、水中に持っていくことも可能です。
これに対し、eRDPは面倒な計算は全て自動に行なえるものの、水中に直接持ち込むことはできません。
当店のオープン・ウォーター・ダイバー・コースでは通常テーブルタイプを使用していますが、eRDPを別途購入していただき(税込4,752円)お使いいただくこともできます。

Back